校長室から

   ホーム  >  校長室から  >  令和元年度柏友祭(文化祭)パンフレット挨拶

令和元年度柏友祭(文化祭)パンフレット挨拶

最終更新日 [2019年10月8日]  

柏友祭開催に寄せて

- 山門百七年の文化の華を咲かせよう! -


校長 長  俊 一

 大盛?いや、やま盛!山門生の思いはこれほどやったか!というのが実感です。山門高校がみやま市に唯一の高等学校であることから、より地域にも貢献する新たな学校を創っていく。そのことで山門高校がみやま市を盛り上げていく。ここまでの“強い思い”があるんですね。

 だから、山門生は求められると、多くの生徒が当たり前のようにボランティアで地域に出ることを希望してくれる。この「当たり前のように」「進んで」手を挙げてくれる姿が嬉しい。「世のため、人のため」にと、学校外で活動し、成長する姿が頼もしい。

   初夏に開催する大運動会は自分たちのため。学年やクラスの壁を超えて一心に楽しむ姿を見ていただくし、企画・運営、実践をとおして逞しく成長していく。熱中症の心配をしながらの一大行事になるが、やめられない。一方、実りの秋に開催する今の形での文化祭は、平成24年度の本校創立百周年を機に始められた。地域の方々に支えられていることに感謝し、地域の方々に“お返し”をしようという気持ちから始められたと聞いている。“お返し”とは、心を込めたイベントそのものであるとともに、地域の方々のおかげで、これほどまでに成長している姿を見ていただくことだと思っている。

 人に“人柄”があるように、学校にも学校柄というものがあり、ただ、それは学校柄とは言われずに、「学校文化」と言われるものである。旧山門郡瀬高町に存在し、地域に求められて創設されて以来、地域の期待を担い、地域にこたえてきた山門高校百七年の文化の華を大いに咲き誇らせようではありませんか!人として誠実であり(至誠)、生徒と職員が深い信頼関係にあり(信愛)、生徒と職員のたゆまぬ創意工夫と挑戦(創造)。ここから湧き出る生徒の皆さんの心の奥底、体の奥底からの笑顔と挨拶。この誇らしいわが山門の学校文化の華を咲かせましょう!

 文化とは、若者に受け止められ、創造という新たな息が吹き込まれ、その時代に生きるものとして継承され、発展していくもの。日ごろはどちらかと言えば、体育系の部活動生の活躍が目立ちがちな中(私の勘違いであればいいのですが)、この二日間こそは文化部の生徒が生き生きと活躍する姿を楽しみにしています。各クラスによる企画はもちろん、何と体育系部活動による企画もやま盛!楽しみです。

 最後になりましたが、ご多用中にもかかわりませずご来校いただきました皆様、誠にありがとうございます。本日は本校の文化祭、学校文化を堪能していただければ幸いに存じます。生徒のまだまだ未熟な部分につきましては、これからの伸びしろと期待していただき、今後とも厳しくも温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。



                             柏友祭閉会式における校長挨拶


   校長 長  俊 一

   皆さん、お疲れ様でした。皆さん、ダンスが好きなんだなぁということがよくわかりました。でも、そこに流れる曲、歌、音楽のほとんどを私は知らないという現実にもぶつかりました。
 それはさておき、大盛、やま盛、全力で、超全力で頑張ったことが伝わる、だからまさに、Beyond Your Imagination!私の想像を超えた文化祭でした。想像を超えたけれども、私が山門生の良さだと日ごろから思っていることを裏切らなかった。やっぱり山門高校の生徒やなぁ、やっぱり山門生の文化祭やなぁという文化祭でした。

 例えば、1年生の音楽選択者の合唱に象徴されるように、一生懸命な表情がいい。全力でやっていることがわかる、伝わるから、皆さんの笑いが明るい。鼻で笑うような笑いがない。私は、そんな山門生の明るい笑い、さわやかな笑い、笑顔が大好きです。学校にいて、実に気持ちがいい。

 合唱部も吹奏楽部も、この度、県大会に勝ち上がりました。とても嬉しい。少人数でも諦めない。腐らない。好きだからやる。少人数でも、やれることを工夫してチャレンジする。この一生懸命さが山門のエンジンのように思います。一学年4クラス規模の学校とは思えないほど、七つも八つも部活動が県大会、さらに九州大会に勝ち上がります。みんなで、クラスを超えて、学年を超えて頑張ってくれます。とても良い学校です。一生懸命にやっていれば、応援してくれる人が必ず出てきます。

 

心の底からの笑い、笑顔に溢れ、日ごろの山門らしさが滲み出た文化祭、学校柄、学校文化が滲み出た、やま盛のブラボーな文化祭になったことを嬉しく思います。実行委員会の「Beyond Your Imagination!やま盛!」という心意気が2年生、1年生に伝わり、それにこたえてくれたと思う。この勢いで、これからの本年度の後半も充実したものとなるよう、昨日、今日の皆さんの姿のように、いろいろな場面で「これは私がやる」というように、一人一人がリーダーとなって、盛り上がっていきたいと楽しみにしています。

実行委員長・生徒会長の米本君を始め実行委員会の皆さん、各委員会の皆さん、2年生、1年生の全ての皆さん、お疲れ様でした。2日間、実に楽しむことができました。

 

それでは最後に、まとめにならないまとめです。

Smile Together

 失敗することは 恥ずかしいことではない

 ほら笑って

 あなたの笑顔が みんなの笑顔を作る

 共に笑おう

 

   大運動会と並ぶ二大学校行事と言うに相応しい文化祭になりました。先生方には、生徒が主役となるよう支えていただきありがとうございました。
 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立山門高等学校〒835-0025福岡県みやま市瀬高町上庄1730-1
Tel:0944-62-4105 Fax:0944-62-4699
福岡県立山門高等学校
〒835-0025福岡県みやま市瀬高町上庄1730-1
Tel:0944-62-4105  Fax:0944-62-4699
Copyright(C)2009 福岡県立山門高等学校. All rights reserved.